飲み方について | EDにはバイアグラでED改善!副作用についても知識を得よう!
服用例

飲み方について

世界で最初に登場したED治療薬であるバイアグラは一日一錠。水かぬるま湯で服用するというのがルール。アルコールで飲むという人もいますが、少量なら良いですが多いとアルコールの影響に身体が負けてしまうので、バイアグラを実感し辛くなります。注意しましょう。効果は30分前後で効いてきて60分後にはピークになります。その後段々と効果は薄れて行き、4〜5時間後まで効きます。4~5時間なので、切れたあとまた飲みたいという場合もあるかもしれませんが、24時間空けないといけないのでことで、そういった利用は出来ません。
効き始めを考えると女性とレッツベッドインの30分以上前から飲んでおきたいところなのですが、これがデートの場合食事のあとにホテルという流れという可能性がありますよね。しかし、バイアグラは食事の影響をとても受けてしまう医薬品。というのも、胃の中に食べ物が残っている状態で服用すると、それに吸収を邪魔されてしまい、効果が得られないこともあるのです。なので、利用する際には空腹時に使うようにしましょう。

副作用として頭痛や動悸といったものがありますが、これは血管拡張で血液が促進されているために起こる現象です。慣れれば収まるともいいますが、いつまで経っても収まらないという人は医師に相談してみるようにしましょう。
また、血圧が急激に下がるというのもあるので、狭心症の症状を発症することもあるといいます。脳梗塞や心筋梗塞の経験がある人は意思に相談してからバイアグラを使うようにしたいところです。